会合・パーティー準備

070-6412-5973

魚料理・刺身は

070-6412-5977

お困りですか ? 今すぐお電話ください

0569-87-2466

タグアーカイブ 地魚

投稿者:鮮魚部

今日の地魚 「アカシャエビ」。

今日の地魚「アカシャエビ」。南知多でエビと言えば、このアカシャエビのことを差します。ちょっと小ぶりなエビですが、エビ本来の旨味がたっぷりあり、塩ゆでや唐揚げ、特に「かき揚げ」には、無くてはならないエビです。これを入れるか、入れないかで味が大きく変わります。近年は、漁獲漁が減ってきましたが、少し前まで沢山水揚げされ「えびせんべい」の原料として使われてきました。

投稿者:奥田店惣菜部

今日の出来立て、豆鯛の煮つけです!

今日は、地魚の豆鯛です!煮つけで美味しくいただきましょう!

投稿者:奥田店惣菜部

地魚の酢漬け各種。

 

コノシロ、赤タイ、イワシ各種酢つけに、しました。

投稿者:鮮魚部

今日の地魚 「ギマ」。

今日は「ギマ」。カワハギの仲間で、南知多では「ツノギマ」と呼びます。見てのとおり、腹ビレのところにツノが出ていて、立つことができます。カワイイでしょ!皮は、サンドペーパーのように硬く、素手で触るとかなり痛いので注意。煮付けにして食べると、身がしっかりしていてとてもおいしく、特に肝がうまい。

投稿者:鮮魚部

今日の地魚 「ニベ」。

今日は「ニベ」。イシモチによく似ています。塩焼きや煮付けなどにして食べますが、練り製品の高級原料としての需要が多いです。今は、あまり使われませんが「にべもない」と言う言葉の語源になった魚です。理由を調べてみても面白いかも?

投稿者:鮮魚部

今日の地魚 「イセエビ」。

今日は「イセエビ」。味もかたちもエビの王様です。お刺身で食べると、適度な弾力とふくよかな甘みが口いっぱいに広がります。姿のまま、焼いたり、蒸したりしてもプリプリの身と濃厚なミソがたまりません。ぶつ切りにして炊きあわせた「具足煮」もカラの旨味を堪能できます。まさに「幸せの味」ですね!

投稿者:鮮魚部

今日の地魚 「クルマエビ」。

今日は「クルマエビ」。愛知県の県魚です。見た目が美しく、味もピカイチ❗ 活きていれば、おどり(お刺身)がうまいし、塩焼き、塩ゆで、天ぷら、フライと、どんな食べ方でもうまい❗ 近頃は、養殖物も多く出回り始め、寿司店でも鮮度の良いフレッシュなクルマエビのお寿司が手頃な価格で食べることができるようになりましたね。

投稿者:鮮魚部

今日の地魚 「赤ナマコ」。

今日は「赤ナマコ」。南知多では12月になると、「ナマコ漁」が解禁になります。漁は赤ナマコ、青ナマコ、黒ナマコの3種類が中心で、赤ナマコは肉厚で味も良いので一番高値がつきます。酢の物などにすると、磯の香りと歯ごたえがなんとも言えません!また、ナマコの腸は、日本3大珍味のひとつ「このわた」に加工されます。日本酒の肴に最高ですね。

投稿者:鮮魚部

今日の地魚 「ウッカリカサゴ」。

今日は「ウッカリカサゴ」。名前のとおり、カサゴの仲間です。大きいものは40cmを越えてくるほどで、大きいほどおいしいとされています。食べ方は、お刺身を始め、煮付け、鍋物などが中心です。身は淡白な白身ですが、コクもあり「ちり鍋」がオススメ。比較的、大型のものは少ないため、高値がつきます。面白い名前の由来は、魚の名前をつける先生が、この魚のことを「うっかり忘れていた」からだそうです。

投稿者:鮮魚部

今日の地魚 「カンパチ」。

今日は「カンパチ」。ブリとよく似ていますが、その身はブリより「脂アッサリ、シャキッとなめらか」な感じでとてもおいしいです。食べ方はほとんどお刺身系です。柑橘類をきかせた「カルパッチョ」がオススメです。でも、「カマの塩焼き」は格別な旨さ。機会があれば、スダチをたっぷりかけて食べてみて下さい。